一年の残り半分の無病息災を祈っていただくお菓子【水無月】をご紹介いたします。

いにしえの宮中では、旧暦六月1日を氷の節句と言い、氷室から切り出した氷を口にして夏バテを防ぐという習わしありました。けれども庶民はそのような氷を味わうことがかなわず、氷に見立てた三角のお菓子を食べるようになったのが、【水無月】のいわれです。

京都 宇治 しあわせ亭 (和菓子部門)製作商品